FC2カウンター 2005年10月の記事一覧│Chaffの気まぐれ日記

スポンサーサイト

--
-----
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チームワーク

2005
10-29
「でえしょんまつり」まで、あと1週間となりました。

今日は「定例会議」でメンバー、サポーター(保護者)の方々から
多くの意見が出て今後の課題も明確になってきた。

みんなの意見を聞いていて感じることは、一生懸命がんばってる
自分の子の姿を見るのが、やはり親として「嬉しい」し、応援
したくなると云う思いが凄く伝わってきた。

他の保護者の方々も、練習なりせめて町内イベントには、少し
時間を取ってあの子たちの姿を見て欲しいと、切に思う。

メンバーと保護者が遠慮せず何でも言い合えるチームワークが
肝心なところ。

年内まだまだイベントが続くが、今までの反省を活かせて
取り組んでいきたい。
スポンサーサイト

コ・タ・ツ

2005
10-24
なんだか朝晩寒くなって来ました。
我が家は早くも先週末からコタツ登場!

土曜日はすっかり朝まで・・・。
出れません!

テレビでは松茸を旨そうに食べてるし、
子どもは「買って!買って!」とうるさいわで、
中国産買って「松茸のお吸い物」ふりかけて
我慢させるしか無いか?
でもあったかいものが、おいしい季節ですね。

「冬はコタツで丸くなる」ってまだ秋か?


小学生たちも・・・

2005
10-20
先ずは、三ツ辻区文化祭に参加した事に関して、参加出来なかったメンバーに、事前に充分な説明がされなかった事を深くお詫び申し上げます。

昨日の練習は、中学のテスト期間とあって、小学生中心に「南中」を基本からやり直した。

11月19日の「そのべ子ども文化祭」に向けての練習。

低学年も今回はしっかり、びしっと踊れるよう、レベル別に指導。

少ない男の子も「南中」になると顔つきも変っていい感じ。

その前に「でえしょん」もあり、時間を有効に使って取り組んでいきたい。

代表としての反省点

2005
10-17
大きなイベント・お祭りでは、実力以上に発揮できるが、
地元・町内では、力が出し切れない。

「それではアカン」「今年は違うぞ!」「地元の人たちに・・・」
そういう思いが、今回の秋祭りパレードには、あった。

掲示板等で、みんなのがんばりや、思いがわかる。

一日経って冷静に考えてみた。

去年もそうだったが、長い距離で後半バテバテ。
その為に2グループ(20人づつ)交互の予定だったが、
それでは、声も迫力も弱すぎるということで、急遽2回目から
全員で最後まで(10回連続程)踊りきった。

かなりの疲労で立ち上がれない子もいた。
みんな「よく頑張った!」「根性ある!」と心から褒めてあげたい。
と、同時に子ども達(ママ達も)の身体の事を考えると
本当にそれで良かったんだろうか?
熱中症になったり大きな怪我をした場合の事を考えもっと冷静に
判断するべきではなかったのか?

冒頭に書いた自分達の踊りを思いを伝えたい気持ちも大切なこと
だが、事故や怪我があった場合主催者側にも迷惑を掛け、
今後のチーム運営にも関わってくる。

チームのみんなは、文句も言わず凄く頑張ってくれた。
ヘトヘトになりながらも踊りきった充実感があったとも言ってくれた。
また町内の方々にも喜んで頂けた。

しかし責任者として結果オーライでは済まされない点を
もう少し配慮するべきであった。
今回深く反省しています。



三ツ辻区文化祭

2005
10-14
いよいよ、16日はもう一つのイベント「三ツ辻区文化祭」

火曜日太鼓の練習に行けなかったんで心配していたが、
今日の臨時練習(リハーサル)で見て・・・。

爽龍隊の子がおとなしく感じます(ハハハ・・・)

午前は太鼓を軽トラに積んで町内を練り歩き、広場で太鼓演奏。
(こちらは、参加できません)
午後は、太鼓1部・爽龍隊をはさんで・太鼓2部。

1部と2部は、何曲か重なっているが同じ曲でも1部の子は
「大丈夫か?」て、心配。

それと、新メンバーのお母さん二人めでたく地元で
デビュー予定(逃げるんじゃないかな~心配)

まあどうなることやら・・・お楽しみ!

大阪メチャハピ祭

2005
10-12
「大阪府知事賞」
念願のファイナルステージでの演舞。
結成2年目で、2回目のチャレンジ。
今回「育・学の部」での参加であったが、審査発表の瞬間
抱きついている者、ガッツポーズで叫んでいる者、大声で泣いている者
どう表現していいか分からない者、喜びをみんなで分かち合えたこと
この瞬間の為、この光景を見たいが為2年前にこのチームを立ち上げた
と言っても過言では無い。

なぜならば、キーワードは「感動」であるから。

もちろん昨年の「おの恋」でも感動が生まれ、今年の「おの恋」は
正直難しいと思っていたが自分達の力を出し切った充実感があり
「賞」が取れなくても晴れ晴れとした気持ちの心構えでいた。
力を出し切れたこと(力以上を出し切れた)祭りを楽しめた事が、
「審査員特別賞」を受賞するという、最高の結果で実を結んだ。

昨年のメチャハピ祭。
ファイナルチームの演舞を観てそのレベルの違いに愕然とした。
しかし次の練習で言った言葉を思い出す。
「来年はファイナルに残れるチームに・・・と」

恒に私が言う事は「無謀」だととられる。
考えている事がトリッキーで周りにも迷惑をかけることもしばしば。
でもその周りの人たちに助けられながら熱い気持ちと、なによりも
成長しつづける子ども達、それを支えるママ軍団の力強いパワーで
「夢」を実現でき「感動」が生まれた。

やっと今チームがひとつになってきた。
なによりも応援してくれる人たちの暖かい声援が心強く、ほんと幸せなチームである(みなさん感謝してます)

そして、おの恋、メチャハピと兄弟チームで目標でもある「楽空間」と一緒に受賞できた今年は生涯忘れることのない1年である。







学生祭典本番

2005
10-10
今日参加したメンバーお疲れさま!!
そして、応援に来て頂いた方々ありがとうございました。

入賞は逃しましたが、見て頂いたみなさんからの熱い声援と
拍手、一緒に掛け声まで出してくれた観客のみなさんに
感謝してます。

結構ノリノリで、メンバー楽しませてもらいました。
やはり周りの声援で何よりも心強く演舞できることを
あらためて実感しました!

いよいよ明日「メチャハピ祭」
爽龍隊らしい元気溢れる演舞で、みなさんに喜んでもらえるよう
精一杯頑張りますので、応援よろしくお願いします!

学生祭典

2005
10-08
いよいよ明日京都学生祭典」。
一昨年前は確か倉木麻衣も実行委員だった。
今年で3回目になる岡崎・平安神宮周辺での大イベント。

爽龍隊は一般南コンテスト会場で15:07から。
「祭園」を25名で演舞。
グランドファイナルは、平安神宮内。(残れたらいいが・・・)

昨日の練習は、気合の入った、いい仕上がりになった。
勢い付けて翌日の「メチャハピ」にGO!

ラスト!

2005
10-07
明日の臨時練習が9日の京都学生祭典・10日のメチャハピ祭を迎えるラストの練習。

爽龍隊日記でも書いてあったがまだまだ目を離すと自分達で練習できないのが現状。
メチャハピに向けておの恋前よりがんばりを見せている子も何人か増えてきたが、学生祭典に向けての練習で選抜で選ばれた自覚の足り無さが
露骨に表れてる子がいる。
定期練習後の時間帯で遅くまで残ってるいので気の緩みが出てるんだろうが、自分達で参加すると決めた以上覚悟して臨んで欲しい。

この学生祭典はなんと賞金が出る!
予算が厳しいチームとしては、やはり気になるよね~。
でも、参加して楽しむことで、翌日のメチャハピ祭で最高の爽龍隊を
発揮できれば充分。

さあ明日の練習は(もう今日か?)しまっていこう!

府小学生陸上(丹波大会)

2005
10-02
今日は次女の陸上大会。

5年生なんで、まだまだですが、リレーのメンバー(爽龍隊から2人)
よく頑張った。28チーム中10位。記録も7月より3秒縮まった。

もう一組の5年生女子リレーメンバー(こちらも爽龍隊から2人)も
最後まであきらめずに頑張っていた。

どちらも来年6年生になったらいい記録出しそうだ。

爽龍隊から他にも800M女子のAちゃんも頑張っていた。

次女のもう一つの競技ソフトボール投げ。
7月は学年別で1位だったが、今回は自己記録を更新したが予選落ち。

入賞者は京都大会に行ける。
昨年までなら35m以上なら3位ぐらいに入れたんだが今年はかなりレベルが高く35m以上が10人ぐらいいた。

勉強の方も頑張ってと思うのだが、欲は言いません。
この親あってこの子あり。なんでね。


プロフィール

Chaff

Author:Chaff
園部舞組爽龍隊・隊長
性別・♂
年齢:40代

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。